HOMEJIS規格についてと標準寸法による区分

JIS規格についてと標準寸法による区分

畳(A 5902)

稲わら畳床及び稲わらサンドイッチ畳床(A 5901)

建材畳床(A 5914)

発泡プラスチック保温材(発泡プラスチック保温材 A 9511)

タタミボード(繊維板 A5905)

 

区分
記号
材料及び構造
建材畳床
T形
KT-T
タタミボード(TB)を主な材料として構成したもの
U形
KT-U
タタミボード(TB)とポリスチレンフォーム板(PS)を
主な材料として、2層に構成したもの
V形
KT-V
タタミボード(TB)とポリスチレンフォーム板(PS)を
主な材料として、3層に構成したもの
K 形
KT-K
ポリスチレンフォーム板(PS)を主な材料として
構成したもので、裏面にかまち補強材を持つもの
N 形
KT-N
ポリスチレンフォーム板(PS)を主な材料として
構成したもので、裏面にかまち補強材がないもの

標準寸法による区分
 単位/mm
区 分
記号
2000×1000×50
100W
1850×940×50
94W
1820×910×50  1820×910×55
91W
参考:100Wは本間(京間)、94Wは三六間(中京間)、91Wは五八間(江戸間、関東間)の標準寸法に該当する。